子供のトイレトレ大作戦サイト

スポンサードリンク

トイレトレて?

トイレトレは始めようよ思っても、子供さんは怖がったり、泣いたりするかもしれません。

親がトイレに行って何をしているのか、ていうことをトイレトレを始める前から見せておいた方が良いかもしれませんね。

男の子だったら、お父さんのトイレも勉強になるでしょう。(あ〜、立ってするんだ)ということがわかりますから。

トイレに、お子さんの好きなキャラクターを置いても良いかもしれませんね。

よくありがちなことは、子供に”おしっこある?”て聞くと、子供さんは”ない”と言う。

その直後に、おしっこジャーていうことがよくありました。

その度に、私のカミナリがおちるわけで・・・

みなさんも一度は、体験されているかと思います。

トイレトレーニングを失敗しても怒らない。それが一番大事です!!

気長に頑張りましょう。

トイレトレーニングはいつから?

まず昼間のおしっこが2時間以上あいてきたり、夜おしっこを1回もしていなかったら、トイレトレの始めどきです。

間隔があかないと、大変です。

洗濯物が増えるばっかりで、ストレスもたまっちゃいますから・・・

再々トイレに誘うのも無理ですね。子供さんは、集中して遊べないので、トイレトレが好きになれません。

あと、子供さんが”ちーでたよ”など簡単な言葉の受け答えができるようになると、トイレトレーニングが進めやすいです。

おまるなどでおしっこが出来たら、いっぱい褒めてあげましょう!!

自信がついて、またトイレに行こう!て思いますから。

でも怒られてばっかりいると、おむつでしちゃった方が楽だな〜て思います。

怒ってばっかりで、親子共々トイレトレでストレスたまってしょうがないのなら、一旦中断しても良いかもしれません。

また、リフレッシュしてトイレトレをすると、案外簡単に卒業できるかもしれません。

うんちとおしっこのトイレトレ

うんちが先に終わったり、おしっこが先に終わったり、一緒に終わったりと人それぞれです。

私の子供は、おしっこのトイレトレは卒業してもうんちだけはなかなか出来ませんでした。

立って、パンツにうんちをしていました。

おしっこはトイレでしていたわけですが、うんちも補助便座を使ってさせていましたが、出来ない!!と言って泣いてばかりいました。

ある日ふと、うんちだけはおまるでさせようと思ったのです。

足が床につかないと上手にいきめないのかと思って。

おまるでさせると、簡単にうんちが出来ました。

単純なことなんだけど、全然気付かずにいました。

おまるだと掃除が大変でイヤだったので、させたくなかったんですけど、しょうがないですね。

おまるに新聞紙をひいて、うんちだけはトイレに流して、新聞紙は捨てていました。

スポンサードリンク